OREO's diary

ゆうちぇるがタトゥーを入れたことについて

ゆうちぇるが両腕にタトゥーを入れてSNSに投稿したことで議論が巻き起こっているようです。タトゥーを入れて良いか否か。違法とはなっていないので良いのだろうと思う。ではそれでは何が問題になるのか?日本における文化だと思う。

 

反社会的組織がタトゥーを入れるというスタンスがベースになっている日本で同じようにタトゥーを入れるという行為ははたからみたら同じような反社会的組織の人間なのではないか?という疑いを拭い去れないという一面があります。そこは抜きにできないので自己責任が伴います。

 

また、昔大阪市の職員がタトゥーを入れていた問題で入れ墨調査が問題になったことがありましたが、職業の問題も出てきます。裁判が行われて入れ墨調査に違法性はないと出ました。

 

それから温泉やプールの公共施設に入ることはできないという自己責任を知っておくということです。ネットで検索したらもっといろいろと出てきますが、いちいち書くのはやめておきます。

 

あとこんなのもあります。日本では昔、入れ墨は犯罪者の印だったそうです。日本で流行った腰パンが黒人の囚人の服装だったのと何だか似通っていますが、同じようにそれが日本でファッションとして根付くものでしょうか。

 

上に書いたことを踏まえてタトゥーをしたいという人は個々人だけの自由にとどまらず市民権まで得たいということであれば政府に、反社会的組織に対して働きかけないといけないような気もしますが。