OREO's diary

交差点で直線優先なのに右折する車が後を絶ちません。

交差点で直線優先なのに右折が直線より先に進む車が後を絶ちません。信号が変わってすぐさま右折(それか信号が変わるのを見越しての右折)をするから先に行けるとばかりに右折する。だから、直線車としては引っ掛からないから問題にはなりませんが、毎回、心の中でそれは違うと思っています。今回の大津での事故もそういう甘さが出てなかったでしょうか?

 

事故のきっかけは右折車が直進車にぶつかったことによる。しかし、ぶつかったのは直進車ということで結果的に直進車によって園児に突入していった。こういう問題は責任問題がどこにあるのか?で大分変ってきます。きっかけをあげつらうのであれば園児たちを保護管理する保育士や保育園側にまで遡ってくる。しかし、見たところでは保育士や保育園側に問題は必要なことをしていたと見えます。結果的に事故を負わせてしまったわけではありますが。

 

では道路を整備する市や県はどうなのか?この道路は直線道路がイオンの方まで開通してイオンや湖岸道路に行き来できるようになってから交通量が増えたと思います。交通量が増えたのに交差点で何等かの柵を設けなかったのか?という批判も出てくるかもしれません。とはいえ優先課題が先の方をやってはおられたと思いますが。

 

それでも2歳の子の事故死は私の娘が2歳だから同じ子を持つ身として身につまされます。そういうところに預けなかったら良かったのか?という問題も出そうですが、この待機児童問題が解消しない今に、また、琵琶湖に近いこの場所でここ以外を選ぶ選択など親御さんにはなかったはずです。

 

今は茫然とされているでしょうけど。