OREO's diary

マッチングだらけの企業主導型保育

企業主導型保育は待機児童解消策として取り沙汰されましたが、マッチングしないものとして存在し、不必要として残ってしまった道路や国の施設のようになるのではないでしょうか。定員割れや短時間での廃止が続出しているようです。

 

まずこれが本来の待機児童解消の目的として設立されたのであればまだ胸を撫で下ろしますが、補助金目的なのであれば本末転倒になります。利益優先が色濃くでる会社に政府は翻弄されるわけです。

 

またこの企業主導型保育がずっと叫ばれている働き方改革の一貫なのであればこれもましてなかったのではないか。定員割れしたり、閉鎖することは利用したくないということです。企業による監視干渉など嫌でしょう。

 

こういうマッチングを作らないということと作ってしまったら早く解消せねばですね。