OREO's diary

未払い残業代について2つのことがいえる。

blogos.com

 

未払い残業代について、正当な労働の対価としてこの残業代が払われていないということがどういうことか。それは2つのことがいえると思います。1つは生産性の公表結果が嘘っぱちということです。それだけの労働実態があるのであればそれはそれだけ生産性がないということなのです。

 

もう一つは実際には払われていたであろう賃金が払われていないため余計に消費はされずに経済は停滞するということです。そこに目を向けずに経済成長を言いつのるのはいかがなものか。それが計算にいれられれば日本の生産性の順位はどれだけ下がるのか考えただけで空恐ろしい。

 

ヤマトは先ごろ過大請求の不正が明るみになったばかりです。労働者だけにとどまらない信頼不信に、また自分らだけが上だけが儲かる仕組みにただただ唖然とする。もう一度言います。ただただ唖然とする。今はそんな気持ちが巡り巡っています。