OREO's diary

私も少し追い付いてきたかも。

今、遅ればせながら村上春樹さんの騎士団長殺しを読んでいるのですが、これを読んでいて村上春樹さんの凄さが分かってきた感じがします。今までいろいろ村上春樹さんの小説は読んできましたが、よく分からない人だという認識がありつつ読んでいました。1Q84は面白く感じていましたが、それでもそこまでに至っていませんでした。

 

何というか私が少し村上春樹さんに追い付いてきたから覚えてきた感覚かもしれません。村上春樹さんは幅広く深い教養を持っているのだなと。そして、読者は幅広く深い教養を持てば持つほど彼を理解できてくるのかもしれません。でも、私さまだまだ足りませんがね。

 

だとすると、ハルキストと呼ばれる熱狂的ファンもそういうものなのか?と思ってさまいますが、何となくミーハーな感じがして嫌ですね。ノーベル文学賞も私にとってはどうでも良いですし、村上春樹さんもそう思っているのでは。