OREO's diary

関ヶ原の映画を見てきました。

岡田准一君の映画「関ヶ原」を見てきました。原作は司馬遼太郎さんですが、石田三成とはこんなに義に熱く良いイメージだったろうか?とふと疑問に思いました。ましてや司馬史観に基づくものですから、違うような気もしましたが。読んだのが16、7年も前の話しなので覚えておりません。私の石田光成のイメージは融通の利かない権化のような人というイメージです。

 

それから、役所広司さんが徳川家康を演じていましたが、確かに演技は良かったし悪狸のイメージそのものでした。また、家康はかなり太っていたとのことですから、それをあれだけ太ってみせた(本当に?)のならば凄い演じ方です。でも、もうちょっと理想を言えば、家康はもっと悪狸のイメージがありましたかな。

 

それで言えば、豊臣秀吉を演じた滝藤さんの演技は良かった気がしました。あの切れ者ではあるものの憎たらしいところ。という感じですかね。