OREO's diary

知的好奇心の衰退と便利好奇心の台頭

今年も芥川賞直木賞の受賞(1回目)が決まりました。いつも思うのはなぜ芥川賞の方が取り上げ方が大きいのでしょうか?芥川賞の方が読まないと思いますのに。「読まない」というのは「読むに値しない」ということではなく「読むのが難しい」。

 

大衆化された直木賞はあまり取り上げられないけれどこちらの方がよく読まれる。そう思うと権威主義というのは日本に根強く残っているのだなと思います。しかし、経済効果を思うと直木賞の方が大きいでしょう。

 

いやそもそも直木賞すら読まないでしょう?話題に上るのを読むという手法は一体今の世の中でどれだけ効果が上がるのだろうか。本を読まない人がたいてい(私の実感ではまわりに皆無なので皆無と書きたいところですが)の時に本で経済効果を生み出すことはもはや無理なのかもしれません。

 

知的好奇心というのは便利好奇心に置き換わってしまいました。便利をどれだけ求めるか。うすうす感じているとは思いますけど。

稀勢の里の涙に美しさを感じます。

稀勢の里引退は残念ですね。せっかく日本人の横綱があらわれて相撲界もこれからというところだったのですが。ケガが引退を牽引したのであれば仕方ありません。

 

引退時期というのはいつがベストなのか?とアスリートたちが引退するときによく考えるのですが、稀勢の里の場合は自分で決める引退というよりも決めざるを得なかった引退だったのではなかろうかと。

 

ケガをしながらもじりじりした思いの中、横綱という重圧に今まで耐えていたというところに美学を感じます。その上での涙ということであれば私は美しさを感じます。

 

今後どのような人生を歩まれるのかは分かりませんが、先輩を見て悪いところ良いところをつかんでほしいと思います。

ヤマトホールディングスは連結営業利益が2倍に急拡大したようですが。

ヤマト運輸を統括するヤマトホールディングスの2018年4~12月期の連結営業利益が600憶円台半ばと前年同期の約2倍に急拡大したそうです。なぜでしょうか?

 

日経新聞記事(2019年1月17日付)によると、ネット通販の拡大で宅配便の需要増が続くなか、単価も引き上げることができた。人手不足への対応として賃上げで自社ドライバーを増やした結果、荷受けする能力が高まった一方、割高な外部委託の圧縮で採算改善にもつながった。

 

18年末時点で従業員数はドライバーを中心に5%程度増えた。これに伴って人件費は増加するものの、輸送の外部委託費は通期で200憶円以上削減できる見込みで、全体として採算は大幅に改善する。「アンカーキャスト」と呼ぶ夜間配送に特化した組織を20年3月期末までに1万人まで増やす計画だ。

と書いてあります。

 

単価の引き上げは交渉が上手くいったようです。社会の情勢を考慮してもらえたのでしょう。では賃上げはどうでしょうか?賃上げのおかげでドライバーが5%増えたのであれば良いのですが、サービス残業がごまんとある気がします。

 

ヤマト運輸株式会社は2017年のブラック企業大賞にノミネートされています。現場にも無理難題の命令が相次いでいたようです。少しぐらい給料があがっても現場へのストレスは相当のものだったのではないかと思います。

 

それを解消するためにアンカーキャストと呼ばれる夜間配送に特化した組織を作ったのでしょう。でも、これはパート社員でモデル年収はわずか312万円だとのことです。「特化した組織」と書けば聞こえは良いですが、夜間への押し付け業務に見えます。しかも、20年3月期末までの1万人態勢なのであればまだ達成していないのでしょう。

 

今年はヤマトの100周年になるようですが、株価は上昇していくでしょうか?

ゾゾの前澤さんの1億円の次は何でしょうか?

品のこと繋がりで書きますが、ゾゾの前澤さんがストラディバリウスや高額な画家の絵を買ったり、宇宙旅行したり、何かと品の良いことをしようとしているようにうつりますが、結局品のないことをしているから下品にうつるのです。

 

お金の使い方を明らかに間違っているから下品にうつるのです。お金をたくさん持っているのであればもっと品のある使い方を考えて使うべきだったと思います。おそらくまた似たようなことを今後もされることでしょう。

 

1億円配ったあとは次はなんでしょうか?

純烈の友井さんの件で気になったのは・・・

純烈の友井さんの件で気になったのは同棲していた女性のお金3000万円を使いこんだということ。その内半分は競馬に使ったらしいですが、それでもその半分1500万円は一体何に使ったのでしょうか?

 

お金ってそんなにすぐに使えるものではないです。3000万円っていったらまあ一括ではないですが、ほぼ家を買える値段ですよ。それだけでなくDVもあったということですから大分面の皮が厚かった人だったのだろうなと思いました。

 

政治家にもお金たらふく持っている人がおりましたが、厚顔の人つながりで思い出しました。誰とはいいませんが。

 

お金って私が思うに””どのように使うか”がその人の品格に表れると思います。