娘が自分からオムツを替えてくれと。

今日は初めてでしたが、娘が自分からオムツを替えてほしいとしぐさで訴えてきました。そんなこともあるのですね。成長の一過性です。はじめはオムツを持ってきてはく仕草をしてその後に私にオムツを渡してきました。ウンチではなくオシッコの方でしたが、気持ち悪かったのですね。

 

最近は寝転がっていたら、娘に連れ回されます。ついていかないと延々と叫びます。ああ、そうそう、頭は?足は?手は?と聞くと自分のを指し示します。分かってるんですね~。

信用ならない社会

麻生さんのセクハラ罪はないという発言、加計学園の問題もそうですが、追い詰められたときに論点をすり替え、そのすり替えた論点の正論で反論するという常套手段のオンパレードです。みんな分かっているのです。もちろん、麻生さんも。分かっていての発言ですから不穏感が漂うのですが、ともかくこの場は逃げられれば勝ちですから、36計逃げるに如かずです。

 

しかし、確実に信頼度は減っていくことを計算できないのは賢い人たちにとっては誤算も誤算でしょうか。下からの不祥事を上は、またその裏切られたもカバーしきれず、引いては安倍政権に対するダメージとなって降りかかってきています。今頃、安倍さんは忸怩たる思いでしょうか。

 

ただでさえ、北朝鮮問題の拉致や日本にまで届くミサイルの廃止を交渉しなければならない瀬戸際にある中、それどころではありませんか。また、憲法9条改正もあとに控えていますのに、このままだと集団的自衛権のように強行手段に出かねませんか。

 

さらに来年は消費税10%への変更を予定しているの経済はあまり活性化せず。黒田総裁は物価上昇率2%の時期を削除しました。6度でしたか、もう上がる見込みが分からなくなったということかもしれませんが、そうなると黒田さんが再任されたのも正しかったのか?との疑問符もつきます。

 

結局、信用ならないってことですね。

アイドルの仮面をかぶった色欲魔

TOKIOの山口くんの女子高生強姦問題には驚きましたが、これを見るにつまりは彼はアイドルという仮面をかぶった色欲魔だったということでしょう。仮面をかぶってる分、普段はそれを演じることに集約しているでしょうけど、アルコール依存症になってしまってはその抑止力も効果がなくなったのでしょう。

 

きついことを書いていますが、それだけのことを彼はしてしまったのです。示談が成立したとしてもその被害者とその家族には一生心に精神的ダメージを負い、同じメンバーであるTOKIOや引いてはジャニーズ事務所は名前に傷を負ってしまいました。

 

さらに仕事の関係先は多大な損失を被り、またその代替を見つけなくてはなりません。一度、裏切られた気持ちはなかなか取れるものではありません。その上で山口くんは保身に走った言葉を記者会見で放ち、事件発覚後も日数がたっても隠ぺいするかのように仕事をしていたのはもう仮面をいつの間にか外していたということでしょう。

 

彼の今後の人生は押して知るべしですが、知ったことではありませんか。

民間の力の活用が肝要

働き改革として、残業をゼロにしたら手当てをつける会社が出てきたようです。これはもちろん残業すれば残業代は出るが、それを前提に残業なしにすれば手当てを出すという手法で生産性向上のためのインセンティブが働き、非常に良いなと思いました。

 

残業をゼロにしたら手当ても出て、余暇も生まれる。その余暇の使い方は個々人に委ねられますが、複雑するもよし、勉強するもよし、遊ぶもよし、家族と過ごすのもよしです。

 

これは仕事も終わっていないのにただ早く帰らせるだけのプレミアムフライデーみたいなお役所的なやり方とは一線をかくします。祝日を増やせば良いとするのもそうですが、とかく国にこういうことを委ねても効果はないでしょう。

 

結局、経済効果をあげるには民間の力が、というより民間が総力をともさない限りは難しいのかもしれません。黒田総裁は物価目標率2%の達成時期をなくしました。それが象徴しているかもしれません。

イチローの神通力の欠如

イチロー選手はマリナーズの球団アドバイザーに就任し、今季の残りの試合に出場しないことになったようです。これで日本復帰はなくなったようですが、私は何だかイチローに神通力がなくなったようにしか見えませんでした。

 

良く言えばマリナーズに生涯コーチとして契約したように見えますが、悪く言えば戦力外通告されてしまった。古田さんみたいに監督もやりつつ選手としても出場するというのとは全く違います。

 

私はイチローにはピークで引退し、更にまた別の新たなことをやって皆を驚かせてほしいと期待していました。それが望みは絶たれた感じです。

 

つまり、50歳まで現役続行というのがイチローの思考を雲に巻いているのだと思います。別格だと思って称賛していましたが、人は老化には抗えないということか。

目安箱に入っていないことは知らぬ存ぜぬを決め込む政府。

来年は天皇即位と改元の祝賀のためゴールデンウイークは10連休にする方向で政府は見当しているようですが、ちょっと祝日が多すぎないでしょうか?私は喫茶店で働いているので祝日はもちろん仕事ですし、より忙しくなります。全体に手を回すことができないのは分かりますが、祝日に仕事しなければならない人たちに対しての配慮が全くないですね。

 

働かせ過ぎとして働き方改革が打ち上げられたわけですが、その中に飲食業もありました。牛丼屋で一人で働かせていたとして問題が上がりましたが、それを見直すということではなかったでしょうか?

 

人手が足りないのに更にお客さんが来られればより対応できません。運搬系の仕事でも同じでしょう。値上げして、時間帯を減らすしかありません。政府は問題が浮上するとさも何かをしてきちんと対応しましたという態度を取ります。その他のことは目安箱には入ってなかったから、知らぬ存ぜぬを決め込む。

 

麻生さんもそうでしたね。財務事務次官からセクハラを受けていた女性記者に名乗りでなければわからないと突っぱねた。そういうのが今の政権ではないでしょうか。

無意識の偏見と伝統

女性に対して無意識の偏見があるから働き方改革を唱えるも女性活用が進まないとする考え方があります。気を使って高齢者に席を譲ったら、まだ私は高齢者ではないと怒るパターンと同じようなものでしょうか。気を使っているのに気の使い方が下手ということで女性が男性は女性の気持ちが分かっていないと怒るのもうなずけますか。

 

でも、女性蔑視していた時代からは飛躍的な進歩ではないか。そういうとそれも上から目線だと言われる。ハラスメントは受け手次第とはいいますが、そのくだりでいえば、はたから見れば男性側のハラスメントとと思えますが、逆にも見えてしまうから怖い。

 

だけど、土俵の女性禁止問題が取り沙汰されましたが、私には何がそんなに禁止にしなければならなかったのか理由が分かりませんでした。伝統?伝統だとしたら、伝統とは何なのだろう?

 

天皇の男系女系の問題では女系容認説を取るのが伝統を守らないことに繋がるのではないかと否定的意見がありますが、この問題に関しては天皇という伝統を守ることの方が肝要なのではないか。

 

以前、文楽補助金廃止問題が浮上していましたが、それによって文楽自体の存続が危ぶまれれば伝統がなくなってしまう。意味を細部に絞ると履き違えてしまうかもしれません。よくよく考えないと。