OREO's diary

日産自動車とルノーの関係は経営と支配の関係の闇

日産自動車の西川社長兼最高経営責任者日産自動車を監査委員会から指名委員会等設置会社に変更するという株主総会に対する新たな提案をしましたが、フランスルノーは棄権するということで日産に43%出資する上で議案が不成立になる公算が大きいとそうです。

 

フィアットクライスラーオートモービルズ(FCA)がフランスルノー経営統合を避けた理由がここにもある気がします。フランス政府のからみが強すぎる。また、今回の再編の意図を組むと、カルロスゴーンさんが主な原因なわけですからその対策の議案を棄権する(賛成反対ではなく)というのはただの資本の取り合い関係でしかないでしょう。

 

正しい経営をしたい日産と支配を推し進めたいルノー。その裏にフランス政府。これでは日産は変われない。変わろうと思っているのに変われない。フランスはもとからそんなことは考えていないとしか見えないところに中国の債務の罠に似ている気がする。

 

FCAと統合し、世界1位になるというのも数字だけに留まるものだったのでしょう、やったとしても。