OREO's diary

卑屈にしかみえない謝罪外交

韓国は本当に謝罪を求めているのでしょうか?慰安婦の問題で天皇陛下が元慰安婦に対して手を握って謝罪すれば許すと言っているようですが、それすらもしたところで後で覆すはずです。求めているのは謝罪ではないのでしょう?

 

卑屈にしか見えないこの数々の覆しに日本は疲弊しているのです。普通の企業であればどれだけ株が下がっていることか。信頼はどん底にまで下がっているのにも関わらずそれを続けるというのはそういうことがあったであろうことを逆手にとって利用しているのです。卑屈以外の何物でもありません。

 

一度昔に取り決めたことを覆す。私はそれに対して謝罪がほしい。約束というのはそういうものですか?日本では男に二言はないという言葉がありますが、女性的にもうつります。まあ実際には謝罪してほしいわけではなく当てつけでいいましたが、謝罪してほしいしてほしくないという問題はそういうことだからです。