OREO's diary

北方領土問題は早期解決した方が良いのかそうでないのか。

北方領土問題について、昨日7日に北方領土の日北方領土返還要求全国大会で安倍首相は「北方四島の早期返還の実現を目指し行動」から「北方領土問題の解決を目指し行動」に言葉を変えたそうです。

 

私はこれを読んで考えたのは本当に2島でも良いから問題を解決してしまっても良いのだろうか?ということです。解決してしまうよりも解決できないのであればこのまま4島返還だけを目指して平行線をたどった方が良いのではないでしょうか?

 

確かにそこに住んでいた人がいずれいなくなってしまうことを考えれば早期解決ということを目論むのも必要なことですが、その2島返還をしたことによってロシアとの関係が、またそれによる他国との関係が本当に良い方向に向かうのでしょうか。

 

ここを割り切る問題なのか、割り切った方が良いのかは難しいところですが。