OREO's diary

厚生労働省の初試算に国民への愚弄感を感じる。

厚生労働省は65歳で年金をもらう場合と70歳を超えてから年金をもらう場合でどれだけ異なるかの初比較を試算したそうです。65歳からもらう場合をだいたい月22万円で70歳からを33万円となり、1.5倍になるという。

 

この少しカラクリじみた、また70歳超に年金をもらうように誘導するかのようなこの初試算はまたしても国民を愚弄するのかと憤ってしまう。単純計算して65歳から70歳までの5年間を22万円月額でもらい続けたとして5年×12か月×22万円で1320万円をもらえるところ、その5年間を高齢者が働きながらもらえるとは到底思えません。

 

ただでさえ60歳から65歳までの間に給料は減らされるのですよ。そこから65歳から70歳の間の賃金などたかが知れています。そして、70歳を超えてから一体いつまで生き続けられるのでしょう?保険という考えていえばギャンブル性が伴うのも必要なことかもしれませんが、本来であれば在職年金なんて制度で仕事をしている時は年金をもらえないまたは減らされるなんてことをするよりも年齢に達した時に支払ってほしいでしょう?

 

それが老齢年金ではありますが、それが結局長生きするようになったという理由をもって60歳から65歳にまで繰り上げられる始末です。今のこの問題は高齢者にとって悲惨ですが、若い人にとってはもっと終わりの制度となります。もらえないものを払う保険ですから。