OREO's diary

会話の醍醐味とは?

人ってやっぱり承認欲求が高いのだろうなって思います。他人と話すときに他人の話しを聞き、その人が興味があることを掘り下げるように話すと相手はどんどんとじょう舌になっていきます。おそらく話したかったのだろうという点と今まで話せなかったのではないかという点で承認欲求をくすぐるのだと思います。

 

ただ話を聞くだけでなく私もそれを知っている、あるいは知らなくても興味があるというスタンスでちょいちょい相槌を入れる。そうすると、他人は悦に入ってくる。時には私のことも時期を見て話しを入れたりすると盛り上がる。まあ、基本的には私のことを聞かれたときにしかぶっこみはしませんが。

 

これが会話の醍醐味だと思っています。他人は気分よくなり自分を認めてもらえるという承認欲求を満たす。そうすると、そのことがその人にとっては私を承認しているとことの裏返しになり何でも話しをしてくれるようになる。

 

私はどんなことでも聞きますよというスタンスをすると相手はどんなことでも話しをしてくる。もちろん否定などしない。心を許すということでしょう。会話の中で自分の話ししかしない、あるいは自分の自慢話しかしない人はエゴに浸りすぎで会話ではなく講談になってしまう。会話とはそういうことだろうと思う。