OREO's diary

ナポレオンの言葉が浮かんでくる。

アメリカとトルコが対立している。その影響でトルコリラが急落し、世界に影響が出ていることにトランプ大統領はほくそ笑んでいるのだろうか。彼のツイッターには「トルコリラは急落中」と書き込んだようだが、まるで子供がテレビゲームを楽しんでいるでいるかのようにうつる。

 

強者の論理とはこういうことを言うのだろうか。何やっても許されるというのなら彼の手にしたものはことさら危ういものである。しかも、日本もトランプ大統領からそのような国の一つとして見られていないか気が気でない。

 

ナポレオンが言ったとされる「余の辞書に不可能の文字はない」という言葉が思い浮かんでくる。彼にそんな気持ち、おごりがうまれていないか。権力者というのはその地位にたったときにどう振舞うかで質が問われることになるが、彼の質を何点とみれば良いのだろうか。

 

私の中ではトルコリラの急落と同じようにお株が下がっているが。