OREO's diary

カジノによる今後の想定

カジノ法案が今日成立します。カジノと聞くと何か品のある賭博というイメージがつきますが、その狙いもあるのではないでしょうか。つまり、外国人受けするという狙いです。日本には競馬、競艇、競輪などありますが、一体どれだけ外国人受けしているのでしょうか?私にはそれほど効果がないから満を持してカジノをつくろうとなったのではないかと。

 

依存症防止対策や治安防止対策を考えないでカジノありきで動いている現状がそれを物語っています。では取り残された日本人はどうなるのでしょうか?経済効果のその裏で病む人は必ず出てきます。必ず。だから取捨選択というやつです。経済効果を外国人を巻き込もうという考えですが、外国人も含めて依存症対策は考えないといけないでしょう。

 

カジノをする外国人を想像すると富裕層が思い浮かびますが、中国人の大多数による入出を想定してみましょう。品のない人らがいるのは今までの流れを見て想定つきますが、さらに何等かの詐欺、暴行なども今までの流れで想定つきます。そこに日本の賭博といえばやくざが参入するのでしょうか。何だか怖いですね。