OREO's diary

多様性の社会です。

多様性の社会です。お茶の水女子大が戸籍上は男性でも自身を女性と認識しているトランスジェンダーの学生を2020年4月から受け入れると発表しました。波紋は起きるでしょうけど、今後の動向を見守りたいところです。

 

奈良女子大や津田塾大、日本女子大など複数の女子大でも受け入れを検討しているといいます。先陣を切ったお茶の水女子大はモデル校になるかもしれませんが、今一つ気になるのはそこに入れたとしていじめの対象になりはしないか?ということです。

 

垣根の幅が広がったことは良いことだと思いますが、依然少数の方がご入学されることでしょうし、内心は快く思わない人もいるのではないかと思う点と学生だけでなく先生の中にもそういう人たちがいるかもしれないということです。

 

私は認める認めないという問題とは別にそういうことでいじめに向かうという人たちがいるのであれば単純に嫌ですね。自分は生まれ落ちた性に心も体も同じだったというおごりから出ているはずですから。

 

新たな視点で目を心を広く私も含めて持つようにしなければと思います。