OREO's diary

大人への階段を登れない人たち

何だろう?自殺で労災や過労死などの記事が続々と出てきているのですが、それに加えていじめ自殺も最近よく見かけます。罪の意識のない犯罪者ほどたちの悪いものはありません。

 

大人になったら責任が伴うわけですが、この大人になる=成人になるのがこれからは20歳から18歳に引き下げられます。では会社の上司や経営者にこの責任者になるという線引きはどこにあるのでしょうか?もちろん、その立ち位置が与えられた時に責任が発生することになりますが、誰がその倫理観を教育するというのか。

 

文部科学省のナンバー3の方が自分の息子を東京医科大学に点数加算で合格させたことが発覚し、その見返りに補助金をというニュースが飛び込んできました。倫理の教育をこれから充実させていくと言っていましたが、そんなの無駄でしょう。誰だってわかることをやっているのですから。分かっている上でそれをやらないでおけるか?が肝なのに、頭の賢いこの方にはお頭(つむ)より、精神の向上をどうやってさせるかでしょう。

 

弁護士の方が知人女性に惚れ薬なるものを飲み物に混入させようとして失敗し、懲戒ものとなりましたが、これも同じです。倫理の問題ではありません。精神の向上?いや、こんなの子供の時から一から出直してこいということでしょう。