OREO's diary

心の障害を持った人

強制不妊手術を昔は法律で定められ、障害者は不当に手術させられ、人生を返してほしいと訴えをする人が続出しています。その当時は合理的なことだったと国は責任を認めていないですが、誰もが憤りを感じていることでしょう。

 

それとは別に新型出生前診断で子供に障害がないかを確認することができるようになりましたが、病気と判断された事例の95%以上は中絶を選択していたそうです。親が障害者かそうでないかの違いがありますが、昔、そういう障害があるなしに関係なく生まれてくる子供が障害を持っているのが分かれば産むのは諦めたのでしょうか?

 

出生前診断がない時代は生まれてきた子供に障害があっても生まれてきた以上は愛情を持って育てる。今でも、出生前診断を利用せずに障害を持って生まれた子は愛情を持って育てる。利用した人は・・・

 

最近は障害を持って生まれても虐待して死においやる親がいるようですが、それは心の障害を持っているかもしれません。それは容易に診断出来ませんけど。