OREO's diary

一度所有してしまったら手放すのはいかに難しいか。

一度所有してしまったのを手放すのはいかに苦労がいることか。アメリカでは頻繁に銃による死傷者が出て、その度に銃規制の話しが出ますが、事はなかなか進まない。今回は少し進展があるようですが、どこまで効果があるものなのか。

 

平昌五輪をきっかけに韓国と北朝鮮は4月末に南北首脳会談を開くというところまで合意し、北朝鮮は非核化の意識まで示したという。私が思うにはおそらくそれだけ逼迫しているからであり、五輪がもとで融和に導いたと考えるのは焦燥でしょう。

 

アメリカの銃の話しと関連して見てみると、一度核を所有してしまったら手放すのはそれ相当の努力がいります。ましてや本人が手放す気がないならさらさらです。拉致された人も同じに考えるとこれに関しては悲壮感を感じます。人は物ではないため、所有などあり得ませんから。

 

奴隷の時代があった昔、アメリカはこれで懲りていてほしいですが、次は物に移りますか。モノからコトに移った現在なのに。