OREO's diary

歴史小説を私は読みたいわけではないのだなと。

最近、司馬遼太郎さんの小説以外の歴史小説を読んでいても面白くないと思うことがしばしばです。薄々と私の中で分かってきたことは私は別に歴史が知りたいということではなかったのだなということです。

 

では何が知りたかったかといいますと、司馬遼太郎さんの考え、思考方法、世界感、それらを含む司馬史観を知りたかったのかと。正直、昨日、他の歴史小説を読んでいて中々読み終わらないことに苦痛を感じていて全く面白くないなと。

 

誤解を生まないように言いますけど、その人たちの歴史小説が面白くないというわけではないとは思います。ただ私が今読みたいと思っている人ではないなっていうことです。