OREO's diary

葉室さんがお亡くなりに。

葉室麟さんが亡くなった、そうです。そりゃあ、ショックですよ。山本兼一さんが亡くなられた時の消失感以上のものがあります。しかも、多作ではじめの方は歴史の人物をあまり扱わない感じでしたが、最近は結構扱っておられたのでこれからという時に。

 

司馬遼太郎さんのロマン的、膨大な資料群からの司馬さん独自の解釈による司馬史観とは全く別の心情を問う葉室心情とでもいう感じで読んでいましたから。葉室さんもこれからまだまだ書きたかったでしょうね。