OREO's diary

非日常を味わう映画

クリント・イーストウッドの映画「運び屋」を見てきました。

クリント・イーストウッドの映画「運び屋」を見てきました。仕事一筋に生きてきた男が家庭をかえりみずに90才まで年を取ってしまった。自分なりに今まで人生を謳歌したのでしょうけど、その時には家族の心は全く離れてしまった。そんな時に自分の事業は破綻…

映画「グリーンブック」を見てきました。

映画「グリーンブック」を見てきました。ヴィゴモーテンセンが凄い太っていたのには驚きましたが、鮮やかなターコイズグリーンのキャデラックが映画のタイトルを映えるものとしているのが印象的でした。 映画の内容が黒人天才ピアニストとそのお付きの白人が…

池井戸潤さん原作の映画「七つの会議」を見てきた感想

池井戸潤さん原作の映画「七つの会議」を見てきました。野村萬斎さんの演技は少し芝居臭いところがありましたが、役的立ち位置は私は好きですね。特に出世や上からの圧力など何にも縛られずに生きる。はたから見たら無能で何もしていない輩に見えますが、そ…

マスカレードホテルは大好評だったのかもしれません。

長澤まさみさんと木村拓哉さん主演の映画「マスカレードホテル」を見てきました。こんなに人が見に来てるのかと驚きで映画館に入りました。2時間半もの長時間ではありましたが、私的にはとても良かったです。本で昔読んだときも同じように感じましたし。 何…

「生きてるだけで、愛」という映画を見てきました。

この前、「生きてるだけで、愛」という映画を見てきました。菅田将暉さんは知っていましたが、趣里さんは知らなかったです。水谷豊さんと伊藤蘭さんのお子さんなんですね。でも、そう見られたくないためにとても頑張っておられるようす。作品にも何とか爪痕…

スマホを落としただけなのに、にみる今後の社会

映画「スマホを落としただけなのに」を見てきました。これからの時代も含めて今まさに問題となるスマホ社会の弊害が取り沙汰されており、面白かったです。警告の意味も込めてみる必要性はあったと思いました。 それは昔、公衆電話が町中からなくなる時ぐらい…

岡田准一さん主演映画「散り椿」を見てきました。

岡田准一さん主演の映画「散り椿」を見てきました。さすが岡田さんです。殺陣がかなり早く達人の域というように見えました。今まで、こういう系は「たそがれ清兵衛」の真田広之さん、「武士の一分」の木村拓哉さんと排出してきましたが、武道やっている分、…

是枝監督の映画「万引き家族」を見てきました。

是枝監督の映画「万引き家族」を見てきました。是枝監督の作品は真に迫った社会性を問う、または問題提起するといった内容のもので見ていて物凄く考えさせられます。 この家族らは万引きを出始めにいろいろな悪どいことをするわけですが、果たして彼らが悪い…

ジェットリーの今

ジェットリーが脊髄損傷で車いす生活を余儀なくされ、しかも、20から30歳ぐらい老けてしまったようです。西城秀樹の死も驚きだったのですが、私にはこちらの方が驚いてしまいました。 ジェットリーの太極拳は芸術のように美しかったですし、ある意味では…

「去年の冬、きみと別れ」を見てきました。驚きの内容がわんさかでした。

昨日、映画で「去年の冬、きみと別れ」を見てきました。何となく聞いたことがある題名だなと思っていて、最後のエンドロールで中村文則さんの小説のやつだったかと思って以前読んだやつだなと思いました。内容はすっかり忘れていて逆に新鮮に感じましたけど。…

ヒュージャックマン主演の映画「グレイテスト・ショーマン」を見てきました。

昨日、ヒュージャックマンが主演の映画「グレイテスト・ショーマン」を見てきたのですが、今年まだ始まったばかりですが、今年で1番良いのではないかと思うぐらい良かったです。感銘しました。 誰もが歌が上手く踊りが上手く揃っている。ストーリーは極貧な…

マンハントの映画を見てきました。

ジョン・ウー監督で福山雅治さん主演の映画「マンハント」を見てきました。中国と日本合作の映画でしたが、言語は日本語と中国語に加え、英語も出てきます。それを日本の警察官は普通に3言語使えたりすることに少し違和感を抱きました。 これからの世の中は…

映画「不能犯」を見てきました。

映画「不能犯」を見てきました。犯罪を犯しているのに証拠がないとして犯罪の立証が不可能として不能犯ということらしいですが、なかなか面白いです。どうやって殺害するのかというとマインドコントロールをするというものでした。 マインドコントロールの怖…

祈りの幕が下りる時の映画を見てきました。

東野圭吾さんの小説「祈りの幕が下りる時」が映画化され、今見てきました。加賀シリーズの作品ですが、あの親子で犯罪行為に手を加えながら苦しみ続けた長い年月、そして隠し続けた長い年月を思うと、東野圭吾さんの小説「白夜行」やその続編とされる「幻夜…

オリエント急行殺人事件という映画を見てきました。

オリエント急行殺人事件という映画を見てきました。本当は見るものがないとして8年目の何とかという映画を見ようと思ったのですが、同じ時間にオリエント急行殺人事件があったのと土屋太鳳さんがあんまり好きでないのとあいまってそれに選びました。 見て思…

映画館に見たい映画が少ないですね。

「否定と肯定」という映画を見てみたいな~と思って探していたら近場の映画館ではやっていないようです。ホロコーストはあったのかなかったのか?といった内容の映画なのですが、やっていないか~。 最近、見たい映画を見ようと思ってもその近場の映画館では…

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を見てきました。

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を見てきました。これは東野圭吾さんの小説が映画化されたもので以前読んだものでしたが、読んだ時はとても心にくるものがあったのを覚えておきながらの鑑賞でした。大分内容は忘れていたのですが、今日は映画を見てやはりグッと…

昨日、映画「ダンケルク」を見てきたのですが、失敗でした。

昨日、映画「ダンケルク」を見てきたのですが、全く意味が分かりませんでした。別に見るつもりはなかったのですが、エイリアンを当初見ようと思って映画館に行きましたところ、見ようと思っていた時間帯が吹き替えだったので諦めて今すぐに見ることができる…

関ヶ原の映画を見てきました。

岡田准一君の映画「関ヶ原」を見てきました。原作は司馬遼太郎さんですが、石田三成とはこんなに義に熱く良いイメージだったろうか?とふと疑問に思いました。ましてや司馬史観に基づくものですから、違うような気もしましたが。読んだのが16、7年も前の…

映画館に行きたいけど、見たい映画がない。そんなことありませんか?

最近映画館に映画を見に行きたいなと思っても見たい映画が見つからない・・・。洋画が好きなのですが、洋画自体少なくあっても見たい洋画がない・・・。これは映画館が人々の見たい映画を選んでいるものが万人受けするものを選んでいる中で私の趣味嗜好とか…

映画「ラ・ラ・ランド」を見てきました。

映画「ラ・ラ・ランド」を見てきました。俳優・女優さんはどの方も知らない方でしたが、これは良い映画ですね。テレビでもそんなことを言っていて半信半疑だったのでしたがかなり心を動かされました。 まるでミュージカルを見ているような感じなのですが、出…

清水富美加さんの暗黒女子の映画の宣伝を映画館でやっておられました。

今日映画館で映画を見る前に他の映画の宣伝を見ていたのですが、清水富美加さんが出演されている「暗黒女子」という映画の宣伝を清水富美加さんがやられておりました。 あれっ?やらないのではなかったっかな?と思ったのですが、ネットで調べると4月1日に…

映画「愚行録」を見てきました。

映画「愚行録」を見てきました。貫井徳郎さんの小説を映画化したもので、小説は大分前に読みましたが、映画ではどうなっているのでしょうか?印象としては少し暗めのトーンの背景にヴァイオリンの音がその暗さ、辛さを増すがごとくになっています。 悪人を悪…

マーティン・スコセッシ監督の映画「沈黙ーサイレンス」を見てきました。

マーティン・スコセッシ監督の映画「沈黙ーサイレンス」を見てきました。映画の感想は私の他のブログ(OREO's page)に「沈黙-サイレンスの映画を見た感想 OREO's page/ウェブリブログ (平成29年2月4日付)」に書きましたのでご覧下さい。 その映画にイ…

「海賊と呼ばれた男」の映画を見てきました。

「海賊と呼ばれた男」の映画を見てきました。本の方は前に読んだのですが、映像で見ると全く違いますね。イメージが伴うところがよく、また、迫力も加わります。 こういう映画を見ていつも思うのは最後のシーンです。老人になって死ぬ間際にこれほど熱かった…

マットデイモンが主演の映画「ジェイソンボーン」を見てきました。

マットデイモンが主演の映画「ジェイソンボーン」を見てきました。前作の3作目「ボーンアルティメイタム」ですべてが分かったと言っており、この3作目で終焉を迎えたと思っていました(その後でマットデイモンではない人がボーンシリーズでやってはいましたが…

ちはやふる下の句の映画を見てきました。

ちはやふる下の句の映画を見てきました。最後の終わり方が何だかあやふやな感じがしたのですが、ネットで調べるとどうやら続編をするようですのでそのためにそんな感じの終わりにしたのかなって思いました。 あとパフュームの歌は良いですね~。気に入りまし…

「ちはやふる」っていう映画を見てきました。

「ちはやふる」っていう映画を見てきました。よく知らなかったですが、競技かるたって凄い戦いですね。早すぎてあんなのどうやって審査するのだろう?って思います。お手付きしてないのか?って疑ってみてしまうのですけど。 気になったのは音になる前の音で…