OREO's diary

経済を糧(かて)に

これからは国内総生産(GDP)ではなく経済複雑性指標(ECI)が重要になる。

今日(令和元年6月8日付)の日経新聞にマサチューセッツ工科大メディアラボ准教授のセザー・ヒダルゴさんが総合4面に記事を書いているのですが、この方はこれからは国内総生産(GDP)ではなく経済複雑性指標(ECI)で国の経済成長を図るべきだと話してい…

違法でなければ便利というものに歯止めなどかけることなどできません

粘る消費 勢いは欠く 心理悪化、貯蓄を優先(令和元年5月30日付日経新聞) 個人消費は前回増税時の14年4~6月期は291兆円(年率換算)で足元は300兆円を超える。この間の雇用者報酬は252兆円から272兆円になった。 だが、所得の伸びの多…

キャッシュレス化と共に現金需要が高い理由に納得

日経新聞の記事に「現金需要なお強く(令和元年5月27日付)」の記事が書かれていました。 日米欧の先進国で現金流通高が急増している。クレジットカードなどを使うキャッシュレス決済比率の高い国も含む各国・地域で5年間に2~4割増えた。預金金利の低…

新紙幣発行とキャッシュレス化と高額紙幣廃止論について

新紙幣24年度から、20年ぶり お金の未来どこへ(平成31年4月10日付日経新聞) 政府・日銀は9日、千円、5千円、1万円の新紙幣を2024年度に流通させると正式発表した。日本は世界に類をみない現金大国で、最新技術で偽造防止を強化し、今後も…

5Gで世界各国がファーウェイとのあらゆる溝

5Gによる第5世代規格でファーウェイとの関係性をめぐる取引があらゆる溝をうんでいます。アメリカはファーウェイとの関係を排除し、さらに世界各国までそれを要求しています。安全性に難があり、アメリカファーストの自国だけならいざ知らず他国にまで要求…

平均貯蓄額と貯蓄額ゼロ

news.careerconnection.jp 「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が、前年比6ポイント増の23.1%で、30~40代の「4人に1人が貯金ゼロ」という結果だった。さらに平均貯蓄額となると40代の減り方が凄まじい。30代は前年比4万円減の194万円なのに対し、40代では前…

ゴディバの日本事業買収とMBKパートナーズのつながり

日経新聞(平成31年3月6日付)のM&Aファイル「投資ファンドが勢ぞろい」に日中韓を拠点とする投資ファンドMBKパートナーズがベルギーのチョコレートメーカー「ゴディバ」の日本事業を買収すると書かれていたのですが、その記事の内容の下にMBKPは「コメ…

収穫逓減と収穫逓増という言葉と日本の生産性の現状について

収穫逓増という言葉が日経新聞に出てきたのですが、18年にノーベル経済学賞を受賞した米経済学者のポール・ローマー氏が提唱した言葉だそうで知識やアイデアが価値を膨らませるという事でGAFAと呼ばれるアメリカのIT企業の今の成長を表しています。 それと…

ネオエコノミーとは

今日(平成31年2月25日付)の日経新聞1面トップに「ネオエコノミー」という言葉が書かれていました。早速ネットで言葉を検索(ググって)してみましたが、全く検索結果に表れません。日経新聞が独自で作った言葉でしょうか? ネオ(neo)は新しいとい…

デフレからスタグフレーションへ

物価が上昇しているのにも関わらず賃金が上がらない、ということはデフレからは脱却し、スタグフレーションに変わったということなのだろうか?でも物価上昇2%には達成せずということで日銀は金融緩和政策を長期化する方向に入った。ということは物価自体…

ショールーミングに対するコスト意識

今の消費行動現象として実店舗で商品を見てスマホでその商品の安いのを検索して購入するという「ショールーミング」というのが主流になっているようです。それは何か根本的に勘違いしているような気がするのですが、スマホ依存とはかくもありきでしょうか。 …

チケット不正転売と株や仮想通貨の違いは?

チケット不正転売の問題が浮上しています。価格を異常高騰させて売るというので荒稼ぎしているわけですが、ふと株というのも似たようなものではないかと思ってしまいました。 その会社を純粋に応援して投資するのではなく投機目的で株を購入し、価格が高騰し…

外国と経済はシェアできても・・・

中古住宅の流通が滞っているとして4月から「安心R住宅」という標賞を国が定めた基準を満たすものとして物件に付与して使用を認める制度ができるらしい。流れからして頷けます。 では中古住宅の更なる利用として民泊も新法を6月に施行する。それに伴って地方…

仮想通貨は通貨ではなく資産だと。

再任した日銀の黒田東彦総裁が仮想通貨は通貨ではなく仮想資産に名称を変えた方が良いということを言っておられたそうです。ダボス会議ではもそういう意見があり、「価格が乱高下するため、給与の受け取りや納税などに使えない。資産とは呼べるが、通貨の基…

賃上げとデフレのさ迷う問題

賃上げの問題はデフレの問題と絡まっているようでいて実は絡まっていないのではないでしょうか?賃上げの問題は生活必需品との問題に終止し、それ以外の消費に関してはただ買いたいという意欲が高まるかどうかの別の問題な気がします。 欲しければ生活が少し…

デフレと賃上げ率の問い

デフレ脱却ができないので賃上げ率が低いのか、それとも賃上げ率が足りないのでデフレから脱却できないのか。賃金が上がれば消費者には余裕ができ、余裕が出来れば消費に向かう。しかし、この段階構造にこそ問題があると思います。 今の世の中、生活に余裕が…

商売のある動き。

商売による動き、あるいは視点の変更があります。義理チョコや恵方巻の意識の改革といったら購入者の視点の改革ですが、引いた視点で食品ロスの改善、大量消費の転換でしょうか。 物が売れない時代になってきますからそれにいち早く手をつける、乗りおくれた…

コスパの時代に物の価値を。

仮想通貨が盗難により信頼が急減したからか、急落しています。しかし、盗難はあったけど、偽造はないとしてこの仕組み自体は問題ないという声があります。これからも何やかんやと仮想通貨は伸びてくることは間違いないないでしょう。 アナログにどっぷり浸か…