OREO's diary

企業に学ぶ

中国のバイトタンスが運営する動画共有アプリTikTokに約6.3憶円の罰金が課されました。

www.gizmodo.jp 中国のバイトダンスが運営する動画共有アプリTikTokに約6.3憶円の罰金が課されました。まずユーザーが13歳以下が多いということにも驚きでしたが、ネットは大人と子供の垣根を一気に崩すものだということにも驚きです。 大人でさえ個人…

野村証券と大和証券の店舗増減の効果は?

野村証券は国内店舗や海外事情を縮小する改革に踏み切ったようです。証券取引のデジタル化に伴い顧客の高齢化への対応ということですが、日経新聞では遅きに失した感は否めないと社説に書いています。 実際にデジタル化の波は実店舗型の証券会社を襲うかのよ…

ウーバーテクノロジーズ上場による評価減

アメリカのライドシェア大手リフトの上場に続きウーバーテクノロジーズも上場に取り組みますが、リフトの上場による評価が上場後に下がったのと似通いウーバーも同じ局面に向かっています。何がいけないのか? ウーバーで問題になっているのはウーバーの運転…

ウーバーテクノロジーズ上場による評価減

アメリカのライドシェア大手リフトの上場に続きウーバーテクノロジーズも上場に取り組みますが、リフトの上場による評価が上場後に下がったのと似通いウーバーも同じ局面に向かっています。何がいけないのか? ウーバーで問題になっているのはウーバーの運転…

スズキの不正検査発覚

スズキの不正検査が発覚し、12日の記者会見で鈴木俊宏社長は「あくまで機能や品質などを確保したうえでのコストダウンと理解されるべきところが、誤った理解に結びついたのではないか」と話したという。よく言うよって声なき声が聞こえてきそうです。 現場…

コンビニの瓦解が始まる。

コンビニの瓦解が始まりました。一つの起点はオーナーとの24時間オープンの問題です。オーナーに過度な負担が起きていることにすぐに対応しなかったどころか裁判にまで発展し、軋轢を生みました。圧力で抑え込もうとしたところが逆に疲弊の実態に気付き、…

コンビニの瓦解が始まる。

コンビニの瓦解が始まりました。一つの起点はオーナーとの24時間オープンの問題です。オーナーに過度な負担が起きていることにすぐに対応しなかったどころか裁判にまで発展し、軋轢を生みました。圧力で抑え込もうとしたところが逆に疲弊の実態に気付き、…

トヨタの特許無償開放によるオープン&クローズ戦略

トヨタは特許技術の無償開放をするという記事が出ました。調べてみると、「オープン&クローズ戦略」というようですね。コアな技術はクローズ(解放せず)して、それ以外をオープン(解放)する。オープンにすることで企業や経済の活性化が起こると同時にコ…

韓国のKTがいち早く5Gのスマホを出すことに

韓国の通信大手、KTが4月5日に世界初の「5G」のスマートフォン向けサービスを始めると発表しました。「5G」関連でいち早く韓国が先抜けしましたね。私は勘違いしていましたが、韓国のサムスンがそれをすると思っていましたが、よくよく考えてみたらサム…

ローソンが全店でセルフレジを導入するのは何故か?

ローソンが消費税増税の10月までに全店(1万4000店)で「セルフレジ」を導入するとのことです。他のコンビニもそれに追随するそうですが、これをすることでレジの作業時間は最大で1店舗1日あたりの3割に相当する5時間を減らせると見込んでいるそ…

「同意する」ための同意文を読ませるためには

ネット上でのさまざまな「同意する」を押すための同意文に関して長ったらしく書かれているため誰も読んでいないと思います。一時期は保険会社で読まれないように小さく文章をのせたりといったこともありましたが、私はこの長ったらしい文章がまったく同意さ…

日仏連合における「ストレッチ目標」はの見直しは良い傾向かもしれません。

日仏連合、拡大路線を修正 ルノー会長インタビュー ゴーン流見直し示唆 「不可避な関係」なお追求 (平成31年3月18日付日経新聞) フランス自動車大手ルノーのジャンドミニク・スナール会長は、日仏連合で2022年に1400万台を販売するといった中期目標を…

メルカリと郵便局の提携、無料梱包ですって

妻とメルカリってどうなんだろう?という話しをしていて、やったことはないけど梱包とか面倒くさそうだなっていう話しをしていました。CtoC(個人間売買)で取引がかなり緩和される中でやり取りも個々人に帰結されてしまう。そこにデメリットがあるのではな…

北海道のホタテ御殿に学ぶ

日経新聞の迫真に興味深い記事がありました。 輸出の種芽吹く(平成31年3月14日付日経新聞) 同(北海道)漁協組合員の平均貯金額は18年に1憶5千万円を突破した。年収は5千万円~6千万円とプロ野球選手の年棒並み。湖畔には「ホタテ御殿」が並ぶ…

子どもの将来の職業の夢について

news.careerconnection.jp 親が未だに子供になってほしい職業の1位に公務員を持ってくるのが夢でない気がします。それは堅実な職業というのであって夢ではありません。2位の会社員も抽象的過ぎて全く夢に当たりません。そう考えると、親は子供に夢を語る視…

子どもの将来の職業の夢について

news.careerconnection.jp 親が未だに子供になってほしい職業の1位に公務員を持ってくるのが夢でない気がします。それは堅実な職業というのであって夢ではありません。2位の会社員も抽象的過ぎて全く夢に当たりません。そう考えると、親は子供に夢を語る視…

フラリーマンに第三の場所を

news.careerconnection.jp フラリーマン経験のある男性242人に、寄り道でひと月に使っている金額を聞くと「1~2万円」(16.9%)、「5000~1万円」(16.5%)に回答が集まった。平均額は1万1460円。終業後の立ち寄り先は「コンビニ」(59.9%)、「本屋」(3…

みずほフィナンシャルグループの減損処理は一つの象徴ではないか?

みずほフィナンシャルグループは2019年3月期の連結決算に店舗や次期勘定系システムの減損処理などで約6800憶円の損失を計上すると発表しました。みずほフィナンシャルグループが富士銀行、第一勧業銀行、日本興業銀行という三行合併によりシステム…

製薬業界の複数の記事に踊らされてはいけない

news.careerconnection.jp 医薬品業界は給与の満足度で2位に位置するとこの記事には書かれています。これを読んで「ほう~そういうものか」と一人合点に行っていたところに下記の記事を読みました。 www.msn.com 希望退職ドミノの状態で最後にはこんなこと…

携帯電話ショップに見る群雄割拠

そういえば、ドコモの携帯電話ショップでいろいろと携帯電話を物色していたのですが、今や携帯電話は各国の群雄割拠だなっという感じでした。日本勢はソニーを筆頭に京セラやシャープがありましたが、韓国のサムスン、中国のファーウェイ、そしてアメリカの…

サブウェイが4年半で200店舗閉鎖していたとは。

www.msn.com 知らなかったここ4年半でサブウェイが200店舗も閉店していたなんて。といって私はサブウェイにはほとんど行ったことがありません。なぜかというと高いからです。単純にその理由だったのですが、記事を読んでいると別の理由があるのですね。 …

味の素にみる人的改革

president.jp 今日の日経新聞に味の素が働き方改革をしているという記事を書いてあり、ネットで調べてみましたところ上記の記事が出てきました。1日7時間15分労働に乗り出し、双日労働時間も減らしたのに売り上げが上がったとのことです。 「もともと残…

デサントと伊藤忠商事の敵対的TOBと日本との問題について

スポーツ用品大手のデサントに対する伊藤忠商事のTOB(株式公開買い付け)はデサントが拒否したことから敵対的TOBに発展しました。新聞では敵対的TOBは日本に根付くのか?といった視点で書かれていますが、これはその論点の問題なのでしょうか? 伊藤忠商事…

日産のCMはマクドナルドになるか、二番煎じになるか。

何か日産自動車あやしいな~。最近、日産のCMをよく見かけるようになりました。このカルロス・ゴーン問題から発展し、フランスのルノー、日産自動車、三菱自動車の問題にまで発展して収まりどころがわからない段階で。 私はこれをマクドナルドの問題とかさな…

三井物産が相乗りタクシーサービスを始めましたが・・・

三井物産が必要なときに依頼できる相乗りタクシーサービスを始めるとのことです。自家用車で有償で客を運ぶライドシェアは白タク規制で認められていないためこのような事業が設けられたのでしょう。 これを読んで私が思ったのは電車とかバスとかの公共交通機…

トヨタとパナソニックがEVで新会社設立するが、出資比率は・・・

トヨタとパナソニックは共同で2020年に電気自動車(EV)用などの車載電池の新会社をつくるとのことです。ようやく重い腰を上げるわけですが、ガソリン車で後塵をはいしていた中国がEVで巻き返しをはかってのしあがっている現状に少しでもくさびをうつこ…

ヤマトホールディングスは連結営業利益が2倍に急拡大したようですが。

ヤマト運輸を統括するヤマトホールディングスの2018年4~12月期の連結営業利益が600憶円台半ばと前年同期の約2倍に急拡大したそうです。なぜでしょうか? 日経新聞記事(2019年1月17日付)によると、ネット通販の拡大で宅配便の需要増が続…

ゾゾの前澤さんの1億円の次は何でしょうか?

品のこと繋がりで書きますが、ゾゾの前澤さんがストラディバリウスや高額な画家の絵を買ったり、宇宙旅行したり、何かと品の良いことをしようとしているようにうつりますが、結局品のないことをしているから下品にうつるのです。 お金の使い方を明らかに間違…

買い替え需要とモノづくりの狭間に

携帯電話の新商品が出るたびに買い替える。買い替えるようにするために新たな機能をつけ目移りするようにする。しかし、その新たな機能も出尽くし興味がいかなくなれば買い替え需要は減る。そこに頭打ち感が出てくるわけです。 では新商品に移行するために既…

年金のちょっとした盲点

新聞を読んでいてちょっと盲点だったのですが、1960年代初め頃は年金受給期間は平均約9年間ぐらいでこれが1930年になると平均約17年ぐらいに伸びるとのことです。平均寿命が延びて人生100年時代になるにつれどんどんと年金財政は減っていくわ…